2020年01月

黒い砂漠 -カボチャの種のデータ

ぼんやりと栽培を続けていましたらコショウが5万を超え、
ニンニクやタマネギも2~3万になりいい加減料理しろよと思いながらも
他が忙しく栽培の手間を減らすべく収穫ではなく品種改良をやってみました。

品種改良は副産物が採れ、2種各20個を加工すると石尻尾の餌という
幻想馬に使うアイテムが作れるそうです。
取引所を見ると結構な数が流されておりますので金策としては
既に微妙なものになっている気がします。

カボチャなのは収穫すれば野菜漬けに使えるなという理由でのチョイスです。

魔力が込められたカボチャの種 品種改良:54回
 種:88個(1~3個、1.63個/回)
 副産物:131種(0~5種、2.4種/回)、247個(0~14個、4.5個/回)
 実:48個(0~2個、0.8個/回)

魔力が込められたカボチャの種 収穫:30回
 特級カボチャ:4588個(100~196個、152.9個/回)

特級カボチャの種 品種改良:169回
 種:263個(1~3個、1.4個/回)
 ※副産物はカウントしていません

栽培は金策と考えると厳しいですね。

黒い砂漠 - 護衛艦金策

倉庫の丸太が5万を超えていましたので2万程現金化。
カーンが流行っているうちは翡翠珊瑚が致命的に手に入らなくなることは
なさそうなので護衛艦が商売にならないかなとちょっと計算。

護衛艦レシピ
 kurosaba_101

まずはどれぐらい利益が出るのかを計算。
現在の取引所を見ると2Gぐらいのようなのでざっくり15%税金で売り上げは1.7G。
規格角材:丸太から作るとして推定2万本、7.75Kとして155M(0.155G)
翡翠珊瑚:0.9Mで800個として720M(0.72G)
マツの木の蒸着合板:60Kで1600個として96M(0.096G)
強化亜麻布:40Kで450個として18M(0.018G)
合計0.989G。
大体0.7Gぐらいの利益になるようです。

図面がエフェリアデイリーで1日1枚入手でき、
25枚必要なのでなので25日で完成させるとすると1日30Mを割り込む感じ。
作業回数が3875回なので25日で割ると155回/日。
私の接続時間だと労働者20人ぐらい投入しないと厳しそうです。
20人となるとエフェリアの宿泊施設を増やしても
カルフェオンやハイデルからも派遣しなければ厳しいですし
移動時間を考えるともう少し人数が増えると思われます。

護衛艦の相場次第というのがリスキーですが、この計算の数字を見る限りは
なかなか良いのではないかと思います。
ただエフェリアのデイリー2往復で地味に面倒くさいのですよね…。

黒い砂漠 - 採集生活熟練装備ひとまず完成

青斧Ⅲの予約を入れていましたが全く買えず、
Ⅳが漂っているのを見まして購入しとりあえず完成となりました。

■採集道具
 伐採斧:青Ⅳ、緑Ⅲ
 樹液採取:なし
 屠殺用ナイフ:青Ⅲ、緑Ⅲ
 つるはし:青Ⅲ
 鋤:なし
 皮用ナイフ:なし

■服:青Ⅳ
 
■アクセ
 首:青Ⅲ
 指:青Ⅲ*2
 耳:青Ⅲ*2
 腰:青Ⅲ

■スキル:名匠6

■採集熟練度
 魔力道具:764
 緑Ⅲ道具:894
 青Ⅲ道具:944
 青Ⅳ道具:1014
 kurosaba_100
 採集のギルドミッションソロがだいぶ楽になりました

運営によって堅い尖ったが大量に流されまして収益が悪化していますが、
ボチボチと採集は続けていこうと思います。

黒い砂漠 - GD Lv56到達

メインクエストに沿ってアルティノに到達したので
廃鉄で1時間ほど狩ったところでLv56になりました。

カルフェオン編分岐
 kurosaba_098
 戦闘が多いというほどではありませんでしたが、
 クエストの会話は少なめだったように思います。

メディア編分岐
 kurosaba_097
 前回は左側でしたので次は右側。
 この選択後にレベリングやりましたのでまだ全く触っていません。

装備
 kurosaba_096
 倉庫にあった宵闇とヘラクレス足Ⅲを装備してやりました
 後は道中で手に入れた装備
 廃鉄でも地味に硬く感じました…

収入(カルフェオン編終了時)
 kurosaba_099
 挑戦課題の金塊(100G3個、10G10個)を含んでいます
 寄り道が必要なのはスルーし同時にやれそうなクエはできるだけ消化
 うっかり画像を切ってしまいましたがシルバーは4Mぐらい

キャラクター転換に連れていたKT
 レベル:Lv59.30979 → 59.37987(+7.008%)
 スキル:931.820 → 1030.788(+98.968)

伝承で格好いい格闘家に戻ることを期待して連れて行きました。
スキルポイントがかなりおいしいですね。

黒い砂漠 - 原木の処理方法(皮算用編)

箱貿易が廃れてしまい原木の相場は下がり売れ行きも良いとは言えません。
他に有用な労働者の派遣先があればそちらに振り変えればよいのですが、
今のところこれと言って思い当たるものはなし。
箱にして売ったらどうだろうかという計算をやってみようと思います。

箱貿易は休止前に加工にかかる時間が長すぎて微妙という結論を出していましたが、
今は大量加工がありかなり時間短縮が可能になっています。
輸送面のナーフと製作面のバフのバランスがどうなのかについては
箱貿易の熟練者にお任せすることにします。

■箱の詳細
 バレノス木材箱(トネリコ、カエデ):28710シルバー
 セレンディア木材箱(カエデ、マツ) 32550シルバー
 カルフェオン木材箱(シラカバ、モミ、スギ):50790シルバー
 ※材料はそれぞれの合板5とブラスト粉末1

■製作と売却の場所
 製作は熟練梱包を持った職人のいるハイデルで行います。
 売却はバレンシアまでつなぐ貢献度がないのと貿易名匠2がいないのと
 そこまでガチでやるつもりもないのとでベリア、カルフェオン、
 アルティノ辺りで売ります

■作成画面
 kurosaba_093
 10分10秒で4個できるようです

■カルフェオンに運んでみました
 kurosaba_094
 32550の19%増しで38734ではないですね
 これに交渉ボーナスで20%ぐらい割り増しされて46657ぐらいが
 実際の売値になるのでしょうか

■材料の計算
 材料はカエデ合板5、マツ合板5、ブラスト粉末1
 合板も板も1~4だと思いますので平均2.5
 原木5→板2.5 板10→合板2.5だとすると1箱に原木40が2種類

■問題発生
 箱1つに原木80もいるの?
 原木を750シルバーで売ることができればカルフェオンで売った時よりも
 少しだけ利益が出ます。
 箱貿易はバレンシアで砂漠バフ使って売らないと割に合わなさそうですね…。

トレントかカルフェオン辺りに熟練梱包持ちが生まれたらまた考えようと思います。
  • ライブドアブログ